電気分解生成器とは?

電解水は水道水や食塩水などを電気分解することで得られる水溶液です。還元水を含む飲用のアルカリイオン水と、洗浄・殺菌消毒用の電解水の2つに大別できます。

その電解水を生成できる特殊の装置を「電気分解生成器」と呼びます。

こんなに違う!比較実験: 電解水 vs 水道水

電解水と水道水の比較実験
動画再生

電気分解で生成する「還元水」とは?

管理医療器により、水を電気分解したアルカリ性の美味しくて胃腸に良い水のことです。

還元水の仕組み
電気分解生成器の仕組み
還元水の仕組み

ココがスゴイ!

マイナスの電極側には、たくさんの水素が発生します。

この水素には、還元作用(抗酸化性)があります。

逆に酸素は、ものが燃えたり、金属を錆びさせたりしますが、老化も酸化が進むことで起こるといわれます。

これに対して、物質と水素が結びつくことで、酸化した物を元の状態に戻すことが還元です。

ラインアップ

管理医療器製造販売認証番号
221AGBZX00254000

管理医療器製造販売認証番号
220AGBZ00231A02

管理医療器製造販売認証番号
21600BZZ00037000